T大生の独り言

T大に通っていて、その日感じたこと、思ったこと、反省したこと、喜びや悲しみを不定期につづっていこうと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「勉強の効果」「内容」×「集中度」×「時間」

今日は、「内容」の向上の2回目。

「内容」向上のために大切なことは、

2:情報を得ること


そのためには、
まずよい師を見つけることが重要です。

勉強の「内容」は、自分自身の力で向上させることが難しいです。
しかし、塾で長年勤めている講師や、進学校でたくさんの生徒を大学合格に導いた先生などは、「生徒が合格するために必要な勉強の仕方」をよく知っています。

そういった人を、自分の中の勉強の師にしてください。

この人なら信じられる、という、自分の勉強の師を見つけられるかどうかは、受験の成否に関わっている、といっても過言ではないでしょう。
それは、僕のような塾講師でも、学校の教師でも、あるいは有名著者の参考書でも構いません。
「合格するための勉強法」を、例えば受験数学に詳しい人に聞くと、数学の各分野の勉強の仕方や、数学を3年間のいつごろまでに勉強すればいいか、さらには、その生徒のレベルに合ったおススメの参考書まで紹介してくれます。
そういった人の情報を積極的に得て、しっかり理解し、実践していければ、「内容」の面では、ほぼ完璧でしょう。

そして「友達の話」も、情報を得るための、非常に大事な手段です。

「あの塾の数学の先生はダメだ」とか、
「この参考書は使いやすい」といった、
一人では知り得ない、とても貴重な情報
が手に入ります。

クラスの中の頭のいい人には、「どうやって勉強してるの?」という風に、どんどん聞いて回るとよいでしょう。
勉強ができる人とは積極的に友達になっておけば、いろいろな情報が得られます。
こう書いてしまうと、利用するだけのために友達になれ、と言ってるようで印象が悪いですが、そんなことはないですよ。
友達になるきっかけはそんなことでも、実際に付き合ってみるとすごくいい奴だったりして、本当に深い付き合いに発展することも多いです。それに、勉強の情報は、気心の知れた友達同士の間でしか話されないことも多いですから。


いずれにせよ、一人切りで勉強するのは難しいです。
「内容」的にも、間違ったものになりがちですし、なにより友達と励ましあわないと精神的もに辛いです。

自分の師を見つけ、友達の話など色んなところから受験情報を手に入れること。

これが、勉強「内容」を向上させるための理想です。


▼blogランキングに参加してます!▼
 …塾にサークルに忙しいSasaに頑張れの一票を!

blogランキングbanner.gif

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://g540414.blog10.fc2.com/tb.php/40-b084c9ea

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。