T大生の独り言

T大に通っていて、その日感じたこと、思ったこと、反省したこと、喜びや悲しみを不定期につづっていこうと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
こんなコメントが寄せられました。うれしいです^^
東大を目指す、nobuさんからです。

『はじめまして、人気ブログランキンから来ました。
早速この方法今から試そうと思います。
読んででなぜか何度もワクワクしてきました。

質問なんですがアラーム1に勉強した時間を加えるということですが
これはなぜなんでしょうか?』


今日のブログは、この返事ということで^^

>nobuさんへ

アラーム1に「今日の合計勉強時間」を残しておくことは、
「今日どれだけ勉強したか」 を正確に知るためです。
90分集中を何度か続けたとしても、時には40分くらいで中断になったり、どうしてもキリが悪くて時間延長してしまうこともあります。
こんなとき、一日が終わって「結局、どれだけ勉強やったんだろ?まぁ、このくらいかな」という、適当な感じになってしまうと、よくみんながやっている、だらだらとした勉強と、あまり変わらなくなってきます。

「今日どれだけ勉強したか」を正確に知ると、いいことがつあります。

まず、僕は、日々の勉強時間をノートに残していました。
「うわぁ、今日は9時間25分かよ…。昨日の方が25分長かったなぁ。惜しい…」という具合に、《記録更新》自身をヤル気に変えていました。

ゲームとかでも、記録とかタイムアタックには、みんな燃えます
つまり、受験勉強をゲーム化してるのです。
休日の朝から勉強をはじめて、夜になって、8時間くらい勉強した時間がたまっていると、ものすごく気分がいいです。あぁ、いいことしたなぁって。w
それに「今日8時間勉強するためには、あと何時から何時を使わなきゃいけないな」というふうに、次第に「戦略」がたてられたりします。
《記録》は、正確な方が燃えます。
昨日の自分に対して、5分単位のデットヒートを繰り広げるのは、とても楽しいですよ。



次に、東大生へのアンケートなどで、みんなが「受験時代に勉強した」とかいう時間は、たいがい「机の前に座ってた時間」のことです。
一日8時間とか10時間とか適当なことを言ってるけど、実際は時間なんて測ったことなくて、このくらいやってるかなぁ、みたいな程度の記憶でアンケートに答えています。

…けど、実際、この人たちは8時間も勉強してません。

第一に、8時間のうち大部分を集中して過ごしてません。音楽聴きながらとか、鼻歌歌いながらとか、時々メールしながらとか、どんな状態でもいいから、とにかく「机の前に座ってた時間」を答えています。
第二に、こういうアンケートでは、かなり現実より長めの時間をみんな答えています。自分の理想が入ってきちゃうのかな。

つまり、現実には、自分がどれだけの時間を集中して過ごせているか、なんて、さっぱり分からないのです。

一番怖いのは、学校に「8時間は勉強しろ」と言われて、夏休み中、だいたい8時間机の前にいて、それで「この夏はおもいっきり勉強したなぁ」錯覚する人です。

「勉強の効果」「内容」×「集中度」×「時間」 で、確かにこの人は、勉強時間だけはしっかり確保できたかもしれません。
けれど、この人は、勉強の内容はともかく、「集中力」完全に置き去りにされています。
これで、夏明けの模試でよい成績が取れなかったら、完全に絶望するでしょう。…俺には才能が無いのか…みたいにね。

それに対して、【時間管理式勉強法】では、「集中して勉強した時間」を残すことで、自分の現実を知ることができます。これだけ細かく勉強時間を意識させられると、勉強したなぁという錯覚を持つことはありません。
1時間も勉強できなかった日が3日も続くと、本気で勉強しなければ、と不安になります。
他の人は、忘れちゃうんですね、自分が知りたくない現実なんて。
それで、記憶の外に追い出します。だから「あれ、いつの間にか夏休みがあと1日になってる…」という状態になってしまう。

まとめると、勉強したな、という、一番怖い「錯覚」を持てないようにするために、時間のメモを細かく行うのです。



正直に言うと、このようなガチガチに勉強だけに集中する90分は、最初のうちは、ものすごく疲れますよ。
けれど、そのうちに、ゲームだけを90分必死やってても疲れなくなるように、勉強に慣れてきます。
勉強が楽しくなると、「集中力」がものすごく高くなります。
自然と勉強の効果も伸びてくるでしょう。


「今日の合計勉強時間」を残す
     ↓
「今日どれだけ勉強したか」が正確に分かる
     ↓
?記録をつけると、勉強がゲームみたいに楽しくなる。ヤル気が出る。
?勉強したという「錯覚」から、自分を守る。よりよい時間感覚を身につけられる。



というわけです。

最近、僕のblogに塾講師の先生や、受験生が来ることが多くなってきました。
何か参考になれば、うれしい限りです。

nobuさん、そして他のたくさんの受験生の皆さんを応援してますよ^^
スポンサーサイト

なるほどっ!
勉強時間ノート・・・。僕も今日から作ろうと思いました。
勉強は勉強、ゲームはゲームと分けて考えていた僕が未熟でした。

「自分で記録を塗り替えていく、いわばタイムアタックのような楽しさ」
「クリアするもゲームオーバーにするのも自分しだい」
そういう感覚ももちつつこれからの勉強に生かしていきたいと感じました

正直、僕も、机の前に座ってずっと勉強してたわけではないとこのブログ見て思いました。
ぶっ通しで5時間やる!とは言ったものの、
ケータイの電源はONでメールが来るたびに反応。
無駄に机を整理したりと、無駄な時間が多すぎたように思います。

今日、早速、時間管理式勉強法を2セットやってみました。
集中してやることを心がけてやりました、すると

「あれ?もう90分?」みたいな感じですぐ時間が経ちました。
そして20分の休憩をはさみさらに気分はリフレッシュ!
「眠たくなる」や「飽きる」などということとは無縁の勉強ができました
これからも継続していこうと思ってます!
「勉強の効果」=「内容」×「集中度」×「時間」を忘れずにやっていきます!

最後に、貴重なお時間とスペースをつかって返事をくださったSasaさん
本当にありがとうございました。
このブログとの出会いが僕を大きく変えるであろうと確信しています。
これからもちょくちょくお邪魔させていただきたく思っています。よろしくおねがいします!

2005.09.21 22:02 URL | nobu #- [ 編集 ]

2年後、かならず東大に来てください!
待ってますよ^^
僕も、ちょくちょくnobuさんのブログ、様子見に行きます。

2005.09.22 01:46 URL | Sasa #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://g540414.blog10.fc2.com/tb.php/31-6889aad3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。