T大生の独り言

T大に通っていて、その日感じたこと、思ったこと、反省したこと、喜びや悲しみを不定期につづっていこうと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
2002年公開の映画、「猫の恩返し」

いまさら見ました。

すごく好きです。こういうべたべたなファンタジーって。

この物語には、不思議なことに、悪役が誰一人として、いないんですね。
悪役というのがふさわしくないなら、主人公に対立する立場のキャラクター、とでも言い換えましょうか。

「天空の城ラピュタ」にはムスカという伝説の悪役がいますし、「もののけ姫」にはエボシ御前という、サン、アシタカの立場に対立するキャラがいました。

けど、この「猫の恩返し」の登場人物は、男爵と猫王の対決があったりするものの、誰一人として主人公の立場には対立しません。

「となりのトトロ」も、さつき・メイ姉妹が過ごすちょっぴり不思議な日々を描くだけ。「魔女の宅急便」も、似たような感じですね。

こういう作品を書き上げるのが、実は、本当に大変です。

味方がいて、敵がいる。この構図に当てはめない作品は、ともすれば最悪に面白くなくなります。

「どんな話?」と聞かれて、「2人の姉妹がトトロという不思議な生き物に出会う話」と答えても、聞いた人が、面白そうだなぁ、と思うでしょうか?

宮崎駿監督は、「日常」を描くプロなのだと思います。
「ただトトロとかいう生き物に出会う話」を、もう何度見直したことか…。
今もテレビ放送されれば、結構な視聴率が取れるそうです。

今回の森田宏幸監督作品「猫の恩返し」も、とても素敵でした。

ただ、物語に波がなく、つねにある程度の盛り上がりをキープしたまま、終幕したという印象を受けます。

クライマックスへ向けての構成は、「トトロ」や「魔女宅」や「千と千尋」の方がうまいかも。

これから、ジブリを引っ張っていく監督になってほしいです。

「猫の恩返し」は、名作とまでは騒がれなかったけれども、たくさんの人の笑顔を生んだのは、間違いないかな。

スポンサーサイト

コメントの書き込みありがとうございました。
ここを読ませて頂いて、Sasaさんが塾講師として前向きに頑張っていこうとしている様子が伝わってきました。お互い頑張っていきましょう。
「猫の恩返し」、かなり見たくなりました。
またお邪魔します。
今後もよろしくお願いします。

2005.09.16 14:41 URL | ペケ #bimeCcws [ 編集 ]

こちらこそ。
よろしくお願いします。

2005.09.16 23:19 URL | Sasa #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://g540414.blog10.fc2.com/tb.php/25-f210754e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。